« 超小型携帯電話用充電器 | トップページ | PCのデータ対策は万全ですか? »

2007年8月17日 (金)

「昭和のレトロ黒電話」

2_200kb
携帯電話関連ネタが続きますが、今回は昔の黒電話風の受話器を、携帯電話につないで使う、「昭和のレトロ黒電話」という変わり種商品(2,980円)。こんなかさばるものをどんな時に使うのかと思われるかもしれませんが、基本的には外ではなく、「家の中で携帯電話を使うためのもの」です。

最近では定額制など携帯電話の料金もかなり安くなっているし、家庭用電話と比べると圧倒的な電話帳機能の利便性のため、家でも発信の際につい携帯電話を使うことが増えています。また、人に携帯電話番号を教えることはあっても、自宅の番号を教えることは少ないため、かかってくるのも携帯電話の方が多くなっています。
そんなことで、最近の独身者には、家の電話を持たず、携帯電話しか持っていない人も多いと聞きます。

1_200kbでも家の中で携帯電話を使うと、気になることが三つ:
1)その小ささのため、腕をより高く上げなければならないために長電話すると疲れる
2)家庭用電話のように、肩と耳の間に受話器をはさんで、何かをしながら通話をする、ということが非常にやりにくい
3)家の中で携帯電話の着信を受ける時、身に付けている訳ではないため、小さい本体を見つけてさらに小さいボタンを押す、という受信操作がとっさにやりにくい

そんなことを解決してくれるのが、この商品。特に三つ目の問題に関しては、これだけ大きいと「見当たらない」ということはないし、受話器の中央に通話ボタンがあるため、ガバッと受話器を握ってボタンを押せばすぐ着信できます。

ところが、この商品には自分的には重大な欠点があるのです。それは、スカスカという感じで「軽すぎる」こと。実は、さそりいのししは、12年ほど前に、某電機メーカーで電話機の商品企画をしていました。受話器というのものは、軽すぎてはダメで、適度な重さがないとかえって疲れるし、肩ではさんだ時にも安定しません。あまり知られていませんが、そのために受話器には「重り」が入っていて、メーカーは色んな重さで「チューニング」しているのです(最近ではコストダウンのために重りを省いているものがありますが、もってのほかです)。

3_200kbそこで、早速改造に着手。本体のネジ2カ所をはずして分解し、適度な重量バランスになるように10円玉を両面テープで貼り付け。結局、12枚の十円玉を入れて、無改造で92グラムだった受話器が、143グラムになって、非常にいい感じになりました。
これで、家にいる時は、常に携帯電話にこれをつないでいます。電話がかかってきてもすぐ取れるし、大変気に入っています。

にほんブログ村 トラコミュ デジモノ大好き!へ
デジモノ大好き!
にほんブログ村 トラコミュ 物欲アイテムへ
物欲アイテム
にほんブログ村 トラコミュ monoブログ(総合携帯電話ブログ)へ
monoブログ(総合携帯電話ブログ)

【この商品の購入はこちら】

にほんブログ村 バイクブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

|

« 超小型携帯電話用充電器 | トップページ | PCのデータ対策は万全ですか? »

☆ガジェット・面白グッズ」カテゴリの記事

コメント

昭和のレトロ黒電話を販売している東洋トレーディングの渡辺と申します。非常に参考になる貴重ご意見ありがとうございました。次回の商品開発の参考にさせて頂きます。

投稿: 東洋トレーディング㈱ | 2007年8月29日 (水) 15:11

渡辺様
まさか販売元の方からコメントをいただけるとは。こんな素人の戯言でもご参考になれば幸いです。

実は、ある富裕層向けのSNSでもこの商品のことを書いたら結構反響があって、何人も購入されたようです。意外に、「受話器だけでなくて、本体もあったらいい」という声が多かったです。それにヒントをもらって、現在改造Part2を画策中です。完成したらまたブログアップします。

投稿: さそりいのしし | 2007年9月 2日 (日) 11:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超小型携帯電話用充電器 | トップページ | PCのデータ対策は万全ですか? »