« TUMIのブリーフケースを衝動買い | トップページ | 救命講習会に行ってきました »

2007年7月18日 (水)

「携帯箸」を買いました

にほんブログ村 トラコミュ 箸(はし)へ
箸(はし)
新丸ビル4階にある、箸の専門店「夏野」で「携帯箸」を購入しました。 Chopsticks1 紫檀製で、写真の袋付きで7,350円でした(サイズは「中」と「大」があり、これは「大」の方です)。写真のように、半分になっているものを、使う時は内蔵されたネジでつなぐだけです。携帯時の長さは約12センチ、重さは袋を入れても30グラムです。手作りで一旦普通の箸として完成させてから、半分に切断し、金属製のネジを挿入するという製法を取っているようで、つなぐと継ぎ目は見ても触ってもほとんどわからない「いい仕事」をしています。ネジの向きを見ていただければわかりますが、箸の先端部と後部は、決まった組み合わせでしかつなげないようになっているという芸の細かさです。 Chopsticks2 携帯箸を買った理由は、もちろん外食する時に割箸を使わないためです。 が、割箸の是非に関しては、賛否両論あるようです。もともと他に使い道がない廃材に近いものを使っているため、むしろ資源の有効利用であるという議論です。 しかし一方、現在の日本では割箸のほとんどは中国などから輸入していて、中国では日本に割箸を輸出するために、森林を伐採しているようです。さらに、最近では中国製の割箸に防カビ剤や漂白剤などが残留していて、それが健康被害にもつながるという説もあります。 それと、割箸の価格の高騰などもあって、居酒屋チェーンの「和民」は、今月から割箸を廃止し、一部のコンビニでは割箸を有料化するというような動きもあります。

最近の環境問題は、難しくなっています。従来は、リサイクルすることはすべて「善」とされていましたが、たとえばペットボトルをリサイクルすることの方が、はるかに多くのエネルギーを消費し、むしろ環境破壊につながるので燃やした方がいい、という説が有力になりつつあるようです。

私は、割箸を全否定するつもりはありませんが、個人レベルで単純に考えれば、私が使わなければその分は資源が使われず、ゴミも節約できることだけは確かです。
でも、この携帯箸に関しては、そんな偉そうな環境問題云々よりは、もっぱら自己満足と割り切っています。

だって、いいお箸を使えば、食事もより美味しくいただけますし、何よりもおしゃれじゃないですか。
それに、このように「分解されているものを組み立てる」という作業は、「男の子」にとっては、ゴルゴ13がスナイパーラフルを組み立てるのに似た、「わくわく感」があるのです。「女の子」にはわからないと思いますが。

これからはツーリングのお供として持って行こうと思います。

にほんブログ村 バイクブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

|

« TUMIのブリーフケースを衝動買い | トップページ | 救命講習会に行ってきました »

☆愛用品・スグレモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/15785069

この記事へのトラックバック一覧です: 「携帯箸」を買いました:

« TUMIのブリーフケースを衝動買い | トップページ | 救命講習会に行ってきました »