« 日米のバレンタインの違い | トップページ | LAMYのラインマーカー内蔵ボールペン »

2007年2月23日 (金)

無料で首都高のスグレモノの地図がもらえる場所

首都高は、出入り口が非常に多く、構造や合流が複雑で、都心に住んでいてもすべてのポイントを把握するのはなかなか難しい。
そんな迷えるドライバーやライダーのために、「社団法人・首都高速サービス推進協会」という組織が、いくつかの首都高速の便利な地図を発行しており、虎ノ門の事務所(地図を見る)に行くと、すべて無料でもらえる(電話でも受け付けるが、その場合は送料は有料)。

さそりいのししが愛用しているのは、下記の三つ:

Photo_22【首都高出入口ガイド】
これが最も「豪華」で、書店で買ったら千円近くしそうな雰囲気の、70ページ以上ある、ちょっとした「地図帳」
首都高の全出入り口のランプの図と、その周辺の詳細地図が載っている。これだけのものが無料でもらえるのはちょっと意外だけど、普段高い高速料金を払っているのだから、胸を張ってもらいに行こう。ただし、他の刊行物はすべてラックに備えてあって何部でも持っていけるが、これだけはカウンターで頼む必要があって、一人(一回)一部限り。

Photo_23【首都圏広域マップ】
これは、折りたたみ型の大判地図(広げると幅はドア一枚分近くある)で、首都圏を中心に、半径150キロ(北は200キロ)までの広域の高速道路図が載っている。北は猪苗代湖、東は犬吠崎、南は伊豆半島、西は軽井沢・小淵沢・静岡までをカバーしているので、首都圏からのちょっとしたツーリングだったらこれですべてカバーできる。ツーリングを計画する時に、まず大まかなルートを確認するのに大変便利。
さそりいのししは、この地図を壁に貼ってあって、自分が行った所に印をつけてある。段々と自分の行動範囲が広がって行くのが目に見えて楽しい。

Photo_24【首都高マップ】
これは「首都圏広域マップ」よりは小さく、首都高から各高速道路へつながるあたりまでの地域をカバーしている。
折り畳めば21cmx15cmとコンパクトなので、さそりいのししはいつもバイクにも1部常備している。この地図は、虎ノ門まで行かなくても、首都高のSAには大体置いてある。

にほんブログ村 バイクブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125


|

« 日米のバレンタインの違い | トップページ | LAMYのラインマーカー内蔵ボールペン »

◎クルマ・バイク関連記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/13973047

この記事へのトラックバック一覧です: 無料で首都高のスグレモノの地図がもらえる場所:

« 日米のバレンタインの違い | トップページ | LAMYのラインマーカー内蔵ボールペン »