« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月の5件の記事

2006年12月29日 (金)

パソコンの修理で感じたこと

先日、5年もののデスクトップパソコンが故障し、Windows Vistaが出るまでノートパソコンで代用するという記事を書いたが、今度はそのノートパソコンまでも故障してしまった(多分ハードディスク)。さすがに超小型のVAIO Type Uをデスクトップ代わりに使うわけにもいかないので、休みを利用してなんとかデスクトップパソコンを復活させることに。

Powersupplyfan_2ハードディスクが逝かれたと思っていたら、よく調べてみたら異音の原因は、左の写真のように電源部の冷却用のファンが疲労で真っ二つに割れていたことだった。早速ファン(1,500円)だけを買ってくるが、交換しても電源は入るが依然としてハードウェアエラーが出てWindowsは起動しない。

もしかしたら破損したファンの影響で他の部品も壊れたのかもしれない・・・いよいよ駄目か。でもそれなら電源ユニットをそっくり取り替えれば・・・と発想を転換。考えてみればパソコンでハードディスクに次いで故障が多いのは電源部のはず。ネットで色々と調べてみると、電源周りもユニットのサイズや電圧やコネクターの規格まで標準化されているらしい。そしてもう一度PCパーツショップに足を運ぶと、電源ユニットの種類の豊富さと、値段の安さにびっくり。

Powersupplyこの写真の410ワットの電源ユニットは6,980円(もちろん、冷却ファンも入っているし、ずっしり重い・・・よくこんな値段で売れるな、と思う)。早速購入して、パソコンを「開腹」したまま接続して動作確認をすると、問題なく起動する。
しかし、いざシャーシに取り付けようとすると、最初に付いていたものよりは若干サイズが大きく、筐体には収まるが取付ブラケットが使えない。PC本体と電源部に注意深く何カ所かドリルで穴を開けてなんとか取付完了。

さそりいのししのPC歴は20年近いが、中身に関してはRAMやHDDを増設したりインターフェースカードを追加したことがある程度で、それほど詳しいわけではない。
PCを自分で組み上げることができる人にとっては常識かもしれないが、パソコンというものは部品やコネクターやインターフェースの規格がきちっと決まっていて、メーカーを問わず、かなり自由にほとんどの部品を取り替えたりできる。

パソコンほどモジュラー化と標準化が進んだ工業製品は他にないと言っていいだろう。メーカーのバッジが付いていて外見は異なっていても、中身はほとんどが標準化された部品の「寄せ集め」というのが実態である。しかし、これだけ標準化され、部品メーカーの水平分業が進んだからこそ、パソコンがこんなに安くなったということは間違いない。

今回のパソコン修理の経験で感じたことは、自分でメンテナンスできる領域が広がるということは、その製品に関してより理解と愛着が深まり、「楽しい」ということ。バイクのメンテナンスを自分でやるのも、単にお金を節約するためだけではなく、「楽しいから」やるんだ、ということが、この異なる製品分野の経験を通じてやっとわかった気がする。
来年の抱負として、バイクも自分でもっといじれるようになりたいと思う。

にほんブログ村 バイクブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

クリスマステーマにしてみました!

Santascarver1RAS仲間のゆみさんのブログに刺激されて、ブログのデザインを季節限定のクリスマスバージョンにしてみました。

ちょうど、3年前のクリスマスに、銀座のソニービルに展示されていた、スカーバーF650CS(さそりいのししの愛車F650GSの兄弟車)に、シャネルをまとった色っぽいサンタさん(の等身大人形)が乗っている写真があったので、これを利用しました。いかがでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

「ポリスチャンネル」をご存知ですか?

Policechannelポリスチャンネルとは、NPO(非営利団体)法人で、市民に役に立つ防犯知識や、警察関係のニュースをはじめ、指名手配者や行方不明者の情報提供を広く市民に求める活動を行っている。基本的にブログ形式なので、コメントやトラックバックも受け付けているオープンな姿勢が評価できる。

特に注目なのが、犯罪などの被害に合わないためのビデオのブロードバンド映像配信を行っている「ビデオライブラリー」。テレビでもよく見る俳優さんを使った本格的なドラマ仕立ての30分前後のコンテンツも無料で視聴できる。映像も非常に鮮明。

中でも、バイクに関係するものには、下記のようなものがある:
「失うものは大きい~検証!飲酒運転の裏側~」(28分)
「交通事故!もしかすると、あなたも加害者に?~問われる責任と賠償~」(24分)
「実録!全国白バイ大会2006~進化系マシンVFR800P登場~」(17分)
「実録!全国白バイ大会~極限状態で運転技術を競う~」(19分)
「どうなる!?駐車違反取締り / 安全・円滑な交通」(22分)
「暴走族なんか入っちゃダメ!」(22分)
「ある少年の死 ~後悔する前に君達へ~」(26分)

非営利団体ということで、ポリスチャンネルは基本的に会員企業や個人からの会費収入で成り立っている。この趣旨に賛同したさそりいのししは、早速入会の申し込みをしました(個人正会員は年会費1万円)。また、相互リンクを申し込んだら、早速貼っていただけました

また、このブログの右サイドバーの中にあるブログツールFLO:QのRSSリーダーにもこのポリスチャンネルを追加しました。「RSS」をクリックしてから「ポリスチャンネル」をクリックすると、最新記事の概要を見ることができ、さらに「More Info」をクリックするとポリスチャンネルのサイトに飛びます。

にほんブログ村 バイクブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

10万アクセス達成!

10万アクセス達成!いつもご愛読ありがとうございます!
にほんブログ村 バイクブログへYajirusiani09131x60Yajirusiani10Blogranking125

おかげさまで、2006年4月24日に開設したこのブログが、昨日10万アクセスを突破しました。
ただ、ここで言う「アクセス」は「ページビュー(PV)」なので、訪問者(「ユニークアクセス(UA)」)の数は現在延べ5万人弱です(本当はココログがUAのカウンターも設けてくれればいいのですが・・・)。

アクセス解析を見ると、最近ではこのブログに毎日平均300人以上の方が訪問(UA)されています(一人平均約2PVなので、一日のPVは約600)。毎日必ず訪問される奇特な方は約25名ですが、最低でも一週間に一度は覗いていただいている「常連さん」となると600人近くもいらっしゃいます。

そんなわけで、最初は自分のバイクライフを記録するつもりで始めたこのブログも、最近ではすっかり読者にとって役に立つ情報を提供しようと考えて書くようになりました。ブログを続けるのは結構な時間とエネルギーが必要ですが、自己表現を習慣化することは大変意味のあることだと思っています。ブログに記事を書くということは、何か新しい事をするとか、新しい発見が必要な訳で、オフの生活にも自ずと目的意識やハリが出てきます。

RASに行っても「いつもブログ見てますよ!」と声をかけられたり、ブログへのコメントやメール、それにブログランキングに応援をいただけると本当にやりがいがあります。
今後もご愛読のほど、よろしくお願いいたします!

p.s.常連さんもあまりご覧になられていないようなので、さそりいのししのプロフィールは、こちら

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月10日 (日)

パソコンクラッシュ&アップスキャンコンバーター

W54x50_7(この記事は、パソコンにご興味のない方は飛ばしてください)

5年前に購入したデスクトップパソコンについに寿命がきてしまいました。実はもう数ヶ月前からWindowsが終了できなかったり、逆になかなか起動しなかったり怪しい症状を見せていたのですが、今週始めに電源を入れたら「カタカタカタカタ!」とけたたましい音がして起動しない。時間とお金をかければ復旧できないこともないのですが、もう性能的にも寿命がきているので潔くあきらめることに。

幸い、メールはもともとサーバー側にすべて保存する方式(会社用はExchange、個人用はIMAP4)になっているし、データに関しては、こういう事態を予測して内蔵ハードディスクにではなく、すべて外付けの250GBのハードディスクに保存していたので全く慌てる必要はなし。バイクの運転と同様、「予測できる事故」に対する準備は常にしてあるのです。

さて、ここで考えられるパソコン環境復活のための対応策は二つ:
1)デスクトップを買い換える
2)手持ちのノートパソコンで代用する

買い替えは、来年早々にはWindows Vista搭載の新製品が怒涛のように出てくるので、今買い換えるのは得策ではない。
となると、少なくともそれまでノートパソコンで代用するという結論に。で、まずは3年前に買ったPanasonic Let's Note CF-W2 (12.1インチXGA液晶、1.0GHz PentiumM、512MB RAM)を使うことに。
しかし、自宅で仕事もするし、画像編集やブログの文字入力を行うのにこのサブノートPCの小さい画面とキーボードをメインに何ヶ月も使い続けるのはツライ。そこで外付けキーボードとモニターを使うことに。

Filco_keyboard
デスクトップに付属していたキーボードはUSBではなかったため、ノートPCには使えないので新たに購入することに。色々と調べたり店頭でキーを叩いたりしてみた結果、ダイヤテック(FILCO)の「マジェスタッチ」を選択。9,450円とキーボードとしてはかなり高価ですが、本体は非常に重量感(なんと1.2kgもある!)があり、ドイツCherry社製のメカニカルスイッチを使っていて、キータッチは以前のものより断然良くなってタイプするのが楽しいくらい。

問題は外付けモニター。デスクトップに付属していたものは購入当時としてはハイエンドの17インチのSXGA(1280x1024)液晶で、これを再利用しない手はない。ところが!このモニターはDVI-Dのデジタル入力のみ。つまりアナログRGB出力しかないノートパソコンとはつなげないではないか!アナログにも対応しているモニターだけ新しく購入したら、来年デスクトップを購入する時にやっかいだし、自分が欲しい性能の20インチ1600x1200以上だと最も安いのでも6万円くらいする・・・困った・・・と思って色々と調べたらこんなスグレモノを発見!

Xrg3マイコンソフト社の、XRGB-3という「アップスキャンコンバーター」である。簡単に言うと、アナログ・デジタルを問わず、ありとあらゆる映像信号を受け入れ(HDMI以外)、パソコン用のモニターに出力してくれるというスゴイ機械なのです。
値段は約3万円と少々値は張ったけど、モニターを買うより半額で済んだし、実はこの機械のおかげで問題の解決以外にもこれまでできなかったことが色々とできるようになりました。

まずはノートPCのアナログRGBをXRGB-3の入力側につなぎ、出力側に液晶モニターのDVI-Dをつなぐ。ノートPC本体の液晶だと解像度は1024x768だったけど、外部出力にすると1280x1024になるので解像度もアップ。若干文字の精細度がいまいちではあるけど、許容範囲内。これでめでたくパソコン環境復活!

実はこのXRBG-3はコンポジットビデオ、Sビデオ、そしてなんとD4までのハイビジョン入力まで対応しています。そこで、試しにXBOX360のD端子をつないで見ると、見る距離の違いもあるとは思うけれど、ハイビジョンのテレビよりもかなり鮮明な画像でゲームができてちょっとした感動。これで、ゲームをする時にリビングのテレビを占領する必要がなく、きちんとイスに座ってやるようになるので眼にも姿勢にもいいと思う。パソコンが故障したおかげで、少し出費はあったけど、思わぬプラスの副産物もありました。

にほんブログ村 トラコミュ パソコン周辺機器へ
パソコン周辺機器

【楽天市場で購入する】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »