« 『不都合な真実』 | トップページ | 『不都合な真実』日本公式サイトオープン! »

2006年9月24日 (日)

『世界最速のインディアン』レビュー

Indian1_1Indiandvd1
8月27日の記事
にも書きましたが、「世界最速のインディアン」という、実話に基いたバイクを題材にした映画のことを、劇場にあったチラシ(左)で知りました。
日本での公開はなんと来年の正月ということで、調べてみたらこれは2005年の映画で、アメリカでは既にDVD(右)が発売されていたのでアメリカのamazon.com(amazon.co.jpではなく)から注文。約一週間後に届き、一足先に観たのでそのレビューを書いてみようと思います。

Indiandvd2物語は、1960年代のニュージーランドの片田舎に住む62歳のバート・モンローという男が、40年もかけて改造した1920年型の「インディアン」で、最高速度記録の聖地である米国ユタ州のBonneville Salt Flatsでバイクの最高速度記録に挑戦するというもの。

実はバート・モンローという人物は、ニュージーランドではちょっとした英雄で、この映画の脚本と監督はニュージーランド出身で、ずっとこの伝説を映画化したかったというRoger Donaldson(「13デイズ」)。
DVDには、この監督が1971年に制作したモンローのドキュメンタリーも収録されています。つまり、この映画を製作するまで「構想30年」という訳です。
主演はアカデミー賞受賞俳優のAnthony Hopkins(「羊たちの沈黙」)で、作品完成後に、「自分の役者人生で最高の経験だった」と語ったとのこと(ちなみに、彼は100本近くの映画に出演しています)。
この二人の情熱とバート・モンローという人物に対する愛情が、この映画には溢れています。

モンローの口癖は:
「夢を持たない人間は、野菜と同じだ」
この手の映画の主人公は、大抵超人的な体力や精神力があったり、鬼気に迫るようなアグレッシブさがあるものですが、彼の場合はそういうことはありません。何せ40年もかけた夢だからです。その情熱は静かで、大地に根を張ったようなもの。

実は、1960年代に二ユージーランドからアメリカのユタ州までバイクを運ぶ(ちなみに、船)ということは、物理的にも経済的にも決して簡単ではなかった。
映画の前半は、主人公がこの挑戦のための費用を工面し、ロサンゼルスまでバイクを運び、オンボロ中古車を買い、トレーラーにバイクを乗せて、なんとかBonnevilleにたどりつくまでの珍道中をユーモラスに描いています。

アメリカの右も左もわからない外国の田舎者が、およそ非常識な振る舞いをしていくのですが、不思議にその素朴な情熱が、道中に接するすべてのアメリカ人を味方にしていくのが観ていて心が温まります。
実は、自分は60年代後半の子供時代をアメリカで暮らしました。当時は決して今のアメリカのようなルールでがんじがらめの訴訟社会ではなく、助け合いの精神が強かったです。この映画を観て、「今のアメリカだったらこうはいかないだろうな」と感じたことが別の意味で寂しくもありました。

肝心の記録挑戦の部分に関しては詳しく述べませんが、題名の「世界最速」を見れば結末は予想できるでしょう。しかし、これはプロットを楽しむ映画ではなく、ストーリーを楽しむ映画です。
自分の「いい映画」の定義とは、「筋」とか、極端に言うと「映画」ということを忘れさせて、「完全に主人公に感情移入できる」映画。そういう意味では、これは最高の映画の部類に入ると思います。

しかし、自分の評価よりは、一緒にこのDVDを観た、バイクに全く興味のない女房の、翌朝の一言の方が説得力があるでしょう:
「昨夜はいい映画を観たから、とても気持ちよく眠れた。」

この映画のチラシ(PDF)をダウンロード

にほんブログ村 映画ブログへ

にほんブログ村 バイクブログへ131x60Blogranking125

|

« 『不都合な真実』 | トップページ | 『不都合な真実』日本公式サイトオープン! »

◎クルマ・バイク関連記事」カテゴリの記事

☆映画・音楽・アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33255/11926597

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界最速のインディアン』レビュー:

« 『不都合な真実』 | トップページ | 『不都合な真実』日本公式サイトオープン! »