2017年5月14日 (日)

自転車用キーレスエントリーEllipseが届きました

昨年の3月にクラウドファンディングで注文した、自転車用キーレスエントリーのEllipse(発表時の製品名はSkylock)が、約14ヶ月かけてやっと届きました。おそらく日本では最初のユーザーの一人かと思います。現在の価格は199ドルですが、当時は179ドル+送料15ドルでした。受取時に関税約2800円を取られたので合計約25,000円です。

自転車のロックは、キー式のものはキーを持ち歩かなければならないし、ピッキングやイタズラの可能性もあるので、コンビネーションロック式を使っていました。でもコンビ式はダイヤルが結構固いし、暗い中で数字を合わせにくいので、いずれにしてもストレスだったのでこのような製品を待っていました。

Img_3107_460

ソーラーパネルを搭載しているので、通常は充電の必要はありません。USB端子もあるので、そこから充電もできます。フル充電で6ヶ月使えます。ロックは非常に頑丈で、普通のU字ロックは片側にしかロック機能がないので1カ所切断されればロック部分を外すことができしまいますが、Ellipseは両側ともロックがあるので、2カ所切断しない限りロックを自転車から外すことはできません。盗難防止で最も有効なのは泥棒に時間をかけさせることなので、その意味では大変強固なロックと言えます。

Img_3087

スマホ用の無料アプリをダウンロードして、Bluetoothでロックとつなぎます。ペアリングは簡単です。この画面をタップすることで、施錠・解錠ができます。

スマホによる施錠解錠の動画です

Img_3088

万が一スマホをなくしてしまった時のために、ロックのタッチパッドの4箇所の矢印の組み合わせで解錠することもできます。

Img_3089

Bluetoothの機能を使って、ロックからスマホが一定距離離れると自動的に施錠(Proximity lock)したり、ロックに近づくと自動的に解錠(Proximity unlock)するようにもできます。

自動ロックの動画です。この場合、約5メートル離れると施錠され、1メートル以内に入ると解錠されました。

また、Ellipseには加速度センサーが搭載されているので、これを利用して盗難センサーと事故センサーの二つの機能が設定できます。盗難センサーは、ロック(自転車)に振動が加わると、スマホに知らせてくれます。ただしBluetoothの通信圏内なので、すぐ近くにいる必要があります。

Img_3108_2

事故センサーは、乗車中に大きな衝撃を受けた場合、あらかじめ設定した3人の携帯電話にショートメッセージが送られる機能です。

使ってみると、期待通りの機能で満足です。二つだけ難点を上げると、施錠・解錠の際に全く音がしないので、スマホの画面を見る以外に確認できないことと、U字ロックの部分が短めなので、自転車のフレームと車輪を通すのに問題はありませんが、あまり余裕がないので、施錠する場所が限られて、オートバイなどには使いにくいかと思います。

自分はアメリカの販売元から個人輸入したのですが、アプリもサポートも英語のみで、現在のところ日本での発売予定はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

「~すぎる」の乱用はやめてほしい

460_2

これは今朝のネット記事から。こういうネット用語を見出しに使うとそれがいつの間にか当たり前な日本語になってしまうのでやめてほしい。

実は、自分も以前は「可愛すぎる」とかを使っていたけれど、あまりにも普通に使われるようになってからは使わないことにした。そもそも「すぎる」とは何かが甚だしく度を越している事で、いい意味には使われないのが普通。

昔もいい意味で「美しすぎる」などと使われることはたまにあった。野口五郎「君が美しすぎて」(1973)、八神純子「思い出は美しすぎて」(1978)など。でも、これらの歌詞の場合は、美しすぎて逆に何らかの哀愁があるから、「すぎる」の意味がある。または、「美しすぎる市議」のように、「〜にしては」という何らかの相対的な比較対象がある場合も。そのような対比がなく、単に最上級を表す意味で「すぎる」を使うのが今のネット用語の特徴だ。

普通の褒め言葉を使えばいいものを、今みたいになんでもかんでもすぐ「可愛すぎる」「美しすぎる」「凄すぎる」「天使すぎる」などと最上級を乱発すると、その強調性や希少性の意味がなくなり、もはや陳腐な表現になっている。最上級はめったに使わないから意味があるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

パスタを食べる時にスプーンを使うのはマナー違反か

パスタを食べるときに、スプーンを使うべきか否かという世界的な議論に対する個人的見解。

【反対意見】
ネットでは、スプーンを使うのは実はマナー違反だと書いている人が多い。その根拠は、本場イタリアでは一般的にそうだから。イタリアでは、スプーンを使うのは子供だけで、フォーク一本で上手にパスタを食べることを教えられるということは事実のようです。そう聞いてしまうと、スプーンを使うことは恥ずかしいことだと思っても無理はない。

【賛成意見】
しかしその一方、同じイタリアでも南のシシリア地方では大人でも普通にスプーンを使うらしい。また、アメリカでも日本同様、スプーンを使う人は多い。それは、実際にスプーンを使った方が食べやすいし、ソースもはねにくいという実用的な意味があるから。

【結論】
「イタリアではマナー違反だから日本でもマナー違反」というのは短絡的。マナーや習慣というものは、国によって違うもの。日本人はイタリア人よりフォークの扱いに慣れていなくて当然。お店がパスタと一緒にスプーンを出してくれば、その時点で、それがマナー違反ではなく、使ってもいいという何よりの証拠。

だから日本では、スプーンを使ってパスタを食べたい人は胸を張って使えばいい。

もし、「俺は本場イタリアのマナーを尊重する。フォーク一本で上手に食べられるからスプーンは使わない」という人がいれば、それはそれでOKだけど、同じことを人に押しつけるべきではない。

もし「スプーンを使うのはマナー違反なんだよ」などとしたり顔でうんちくを垂れる知ったかぶりの紳士がいたら、「そこまで言うなら、服にソースを飛ばさないでフォーク一本で美しく食べるお手本を見せてくださいね♡」と満面の笑みで言ってあげましょう。

また、もしイタリアのマナーを踏襲してパスタにはスプーンを出さないお店に行った場合は、スプーンを要求したりせず、そのお店のポリシーを尊重してフォーク一本で食べましょう。何事も「郷に入っては郷に従え」です。

これですっきりした人がいれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«森友問題の過熱報道にうんざり