2017年6月 3日 (土)

加計学園問題の本質論は、四国に獣医学部を新設することの是非ではないのか

いやもう本当に前川元次官の言うことを信じて大騒ぎしているマスコミや民進党はどうかしていると思う。

規制緩和は、役人の既得権益も脅かされるから官僚が反対するのは当然。それを打破するために官邸や内閣府が省庁に圧力をかけるのも当然。それは「行政を歪める」ことではなく、「行政を正そうとしている」だけで、収賄がない限り、何の問題もない。こういう政府と官僚のせめぎ合いは、時には政府が勝ち、時には官僚が勝つ。今回の戦略特区に関しては官僚が負けて、彼は負け犬の遠吠えをしているだけ

そもそも、この男は禁止されている天下りの斡旋をしてクビになった人物。それでも8000万円も退職金をもらったのに、その腹いせに今になって政府批判をしているだけ。天下り斡旋こそ「行政を歪めた」国民への背信行為であり、それを棚に上げておいて再び表舞台に出てきて堂々と政府批判するのは厚顔無恥と言う他ないし、そんな人物を担ぎ上げる野党やマスコミの倫理観はダブルスタンダードだ。

出会い系バーに通っていたことも、もし反対の立場で政府関係者だったらそれこそ辞任要求だ任命責任だということになるのに、「調査だった」などという子供でも騙せないような嘘には目をつぶる。こんな男が信用に値するというのか

しかし前川のことは本質論ではないからどうでもいい。

加計学園問題で一番大事な「本質論」は、四国に獣医学部を作ることが正しいことかどうかということだ。そのことが政策判断として間違っていて、国民の不利益になるという議論は、野党からもマスコミからも全く聞かれない。実態はむしろ逆で、自治体や現地の畜産農家は獣医師不足を10年以上前から訴えているにも関わらず、「獣医師は足りている」と言ってそれを黙殺してきたのは獣医師会とそれと結託している農水省・文科省だ。

その本質論をそっちのけで、理事長と総理が友達だということだけで陰謀説を展開し、政権批判と政局の道具として利用しようとしているだけ。こんなのは三流の政治、三流のジャーナリズムだ。

獣医学部が全くない地域に学部新設しようとする政府と、52年間も獣医学部の新設を阻止してきた獣医師会&文科省とそれを政局に利用としている民進党で、どちらが国民のことを考えているのか、答えは明白だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

森友の次は加計学園、もううんざりだ

森友の次は加計学園か。もううんざりだ。違法性があるなら検察に任せればいい。違法性がないならいくら議論しても水掛論だ。森友問題の時も書いたけれど、国会はワイドショーでなくて「国政」を議論する場だ。マスコミもこの話題を煽るなと言いたい。

一番重要なポイントは、獣医学部が一つもなく、獣医が不足していると言われている四国地方に獣医学部を新設することが国民の利害に反する背信行為かどうかだ。もしそうでないならば、仮に官邸の圧力があったとしても、収賄がない限り何の問題もない。

獣医師会と官僚と族議員によって、現職獣医の既得権益を守るために獣医学部の新設は52年間も阻止されてきた。その規制に風穴を開けるための特区だから、所管省庁や権利団体の抵抗を打破するために官邸や内閣府から少々の圧力はあって当然だろう。

政府はもともと全国レベルで特区申請があれば認める方針だったのに、「獣医師の数は足りている」と主張する獣医師会と農水省・文科省の強い抵抗に合って、「広域的に獣医学部が存在しない地域一カ所に限り新設を認める」というところに落ち着いた。その結果、手を上げた京都産業大学は大阪に獣医学部があるから却下され、下の地図を見てもわかるように獣医学部が一つもない四国の加計学園だけが認可されたのだ。

この結果として新設を認められた加計学園の理事長が総理の友人だから野党は「最初から加計学園ありき」だったのではないかという陰謀説を描こうとしているが、この経緯を見ればむしろ加計学園一校になったのは獣医師会のせいでもある。

もしこの騒動によって加計学園の認可が取り消しになったら、一番喜ぶのは獣医師会であり、父親が獣医師会副会長で弟も獣医師であり、獣医師会から献金をもらっている民進党の玉木議員だろう。彼の方が、はるかに特定団体を利する行為を行っていて、国民の利害に反することをやっているのではないか。

Afr1705250036p1

(「ダイヤモンド・オンラインより)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

自転車用キーレスエントリーEllipseが届きました

昨年の3月にクラウドファンディングで注文した、自転車用キーレスエントリーのEllipse(発表時の製品名はSkylock)が、約14ヶ月かけてやっと届きました。おそらく日本では最初のユーザーの一人かと思います。現在の価格は199ドルですが、当時は179ドル+送料15ドルでした。受取時に関税約2800円を取られたので合計約25,000円です。

自転車のロックは、キー式のものはキーを持ち歩かなければならないし、ピッキングやイタズラの可能性もあるので、コンビネーションロック式を使っていました。でもコンビ式はダイヤルが結構固いし、暗い中で数字を合わせにくいので、いずれにしてもストレスだったのでこのような製品を待っていました。

Img_3107_460

ソーラーパネルを搭載しているので、通常は充電の必要はありません。USB端子もあるので、そこから充電もできます。フル充電で6ヶ月使えます。ロックは非常に頑丈で、普通のU字ロックは片側にしかロック機能がないので1カ所切断されればロック部分を外すことができしまいますが、Ellipseは両側ともロックがあるので、2カ所切断しない限りロックを自転車から外すことはできません。盗難防止で最も有効なのは泥棒に時間をかけさせることなので、その意味では大変強固なロックと言えます。

Img_3087_3

スマホ用の無料アプリをダウンロードして、Bluetoothでロックとつなぎます。ペアリングは簡単です。この画面をタップすることで、施錠・解錠ができます。

スマホによる施錠解錠の動画です

 

 

Img_3088_2

万が一スマホをなくしてしまった時のために、ロックのタッチパッドの4箇所の矢印の組み合わせで解錠することもできます。

Bluetoothの機能を使って、ロックからスマホが一定距離離れると自動的に施錠(Proximity lock)したり、ロックに近づくと自動的に解錠(Proximity unlock)するようにもできます。

Img_3089_2

自動ロックの動画です。この場合、約5メートル離れると施錠され、1メートル以内に入ると解錠されました。

Img_3108

また、Ellipseには加速度センサーが搭載されているので、これを利用して盗難センサーと事故センサーの二つの機能が設定できます。盗難センサーは、ロック(自転車)に振動が加わると、スマホに知らせてくれます。ただしBluetoothの通信圏内なので、すぐ近くにいる必要があります。

 

事故センサーは、乗車中に大きな衝撃を受けた場合、あらかじめ設定した3人の携帯電話にショートメッセージが送られる機能です。

使ってみると、期待通りの機能で満足です。二つだけ難点を上げると、施錠・解錠の際に全く音がしないので、スマホの画面を見る以外に確認できないことと、U字ロックの部分が短めなので、自転車のフレームと車輪を通すのに問題はありませんが、あまり余裕がないので、施錠する場所が限られて、オートバイなどには使いにくいかと思います。

自分はアメリカの販売元から個人輸入したのですが、アプリもサポートも英語のみで、現在のところ日本での発売予定はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「~すぎる」の乱用はやめてほしい